新築マンションに食器棚をオーダーする魅力とは

キッチンスペース全体が調和のとれた一体感あるインテリアになる

キッチンスペース全体が調和のとれた一体感あるインテリアになる

食器棚やキッチン収納をオーダーメイド家具で揃えると、価格以上の満足感を得られる。

一体感があって調和のとれたキッチンで調理すると、楽しくていつも以上に美味しく仕上がるように感じる。

ステキなインテリアで食べる美味しい食事は幸せだ。

キッチンスペースは置きたい物が多くどうしても凸凹しやすい

キッチンスペースは置きたい物が多くどうしても凸凹しやすい

キッチンスペースは利便性とインテリアのデザイン両方が求められるスペースだけに、リビングやダイニングのインテリアとは性質が異なってくる。

狭く限られたスペースに『冷蔵庫・オーブンレンジ・トースター』などの調理家電に、『食器棚・キッチン収納・吊り戸棚』などの家具が「ギュッと」詰まる。

アレコレ条件が複雑になるので凸凹した空間になりやすく、統一感を保てない空間になりやすい。

素材に統一感を出すと一体感のあるキッチンスペースになる

素材に統一感を出すと一体感のあるキッチンスペースになる

全身を柄ものでコーディネートすると難易度が高いように、異素材や色が多すぎるとインテリアの統一感を失う。

逆に同じ素材で同じトーンで仕上げられた家具やインテリアは、マンションを建てた時からあるような感覚さえ感じる。

オーダーメイドで食器棚やキッチン収納を仕上げると、違和感を感じることがないので、初めからそこにあったように空間に馴染む。

照明の演出でホテルのクラスのインテリアが実現する

照明の演出でホテルのクラスのインテリアが実現する

ショールームで見るような、新築マンションのインテリアは照明の演出でデザインされている。

舞台演出に照明デザインが必要なように、自然光やダウンライト照明の使い方ひとつで表情がまるで違う。

照明の当たり方によってできる陰影がインテリアの雰囲気をよく感じさせる。

食器棚をオーダーするとホテルのようなインテリアになる

統一感のとれたインテリアは置き型の家具では限界がある。

家具も含めてマンション空間をデザインしないとホテルのような一体感は生まれない。

オーダーメイド家具でしか実現しないインテリアのクオリティがあるように感じる。