古き良き職人技術を受け継ぎながらも新しい木工所を目指しています

こんにちは。

木工所ブログ担当のツトム君です。

年末にむけて店舗のインテリアを新しくされたいお客さまや、

マンションに収納がもっと欲しいと壁面収納のお問合わせがあり、

家具工場はいつもに増して木粉が舞っております。

さて、今回のご依頼内容は、

マンションの玄関から通路を通って突き当たりにあたるスペースに、

木枠をあしらった壁タイルを設置するオブジェ的な内容です。

オーダメイドの家具や什器をつくる木工所と言えば、

大型の壁面収納や食器棚、書斎の本棚など、

いわゆる箱物家具ばかりを製作しているイメージがありますよね。

私たち荒木木工所のIMAMUは、

一見さんお断り!と職人気質を前面に出したイメージよりも、

古き良き職人技術を受け継ぎながらも次世代をになう家具職人として、

最新のインテリアデザインに合わせたオーダー家具をお造りすることを目指しております。

そんな中で、例えばオーダメイドの建具(ドア)に合わせて、

インテリアが素敵になるようなものも造作することも多いんです。

20161108_05

お客さまが持ってこられたのは雑誌の切り抜きのようなも。

木の風合いと合うオブジェ的なタイルをご希望でした。

これはすごい。ぜひ作りましょう。

そうして木枠の壁タイル製作がスタートいたしました。

実際に取り付ける場所を拝見させていただきました

20161108_06

木目調がとてもすてきな建具(ドア)ですね。

この建具と建具の間に木枠のタイルを造り付けいたします。

実際に取り付けていきます

20161108_03

さて、傷をつけないように養生(保護シート)の作業も終わりました。

いよいよ仕上げていきますよ。

完成です

20161108_01

いかがですか?

とても素敵なインテリアになりましたね!


ライターのプロフィール

ツトム
ツトム
リフォーム業界で日々奮闘する中年オヤジ。正直、新米時期は失敗ばかりでした。多くの失敗から本質を学び、今では部下を持つようにも。
睡眠時間1日4時間にすれば、自分の好きなことに没頭できると企んでいる。